トップページお知らせ医師のご紹介当院のご案内交通案内初診の方へリンク集

在宅医療

待ち順番の確認はこちらから
トップページ»  在宅医療

在宅医療とは

医師が定期的に訪問し、診察や検査、薬の処方、予防的な指導などを行います。
通常は月2回で、患者さんの状態に応じて週1回、それ以上も可能です。
病状が急に悪くなった場合などには、夜間・休日を問わず対応します。

ご相談いただく状態

・入院中の方で、退院後も医療的ケアが必要なとき
・身体を動かす機能が低下し、通院が困難になってきたとき
・在宅で医療機器の管理が必要なとき
・ご自宅で緊急時の往診体制が必要なとき

支援の対象

・脳こうそくなどで、身体機能が低下した方
・神経難病や肺疾患などで、呼吸器管理を必要とする方
・排尿や排泄の医療的管理を必要とする方
・認知症の方
・がん末期で痛みのケアを必要とする方   など

在宅医療開始までの流れ

1.)まずはお電話にて患者さんのご様子をお聞かせください。在宅生活を始める上でお役に立てるかどうか一緒に考えさせていただきたいと思います。
2.)必要に応じ、初診として医師が患者さんのご自宅にうかがい、当院のシステムをご説明し、患者さんの状態・情報をお聞きしたうえで、スケジュールを決定します。
3.)現在の主治医の先生からの紹介状、また可能であればCTやMRIなどの画像をご用意ください。
4.)患者さんの状態やご家族の希望をお聞きし、その後の診療スケジュールを決定します。

対応可能な医療処置

健康診断

栄養管理 ●点滴の管理
●中心静脈栄養
●経管栄養
●胃ろうの管理
排泄管理 ●膀胱留置カテーテル
●人工膀胱の管理
●人工肛門の管理
呼吸管理 ●酸素療法
●気管切開部の処置
●人工呼吸器管理
褥創管理 ●褥瘡の管理
がんの管理 ●在宅ターミナルケア
●前立腺がんなどのホルモン療法

その他の疾患

認知症: 問題のある行動の症状緩和、内服などでの対策
糖尿病: インスリン自己注射・血糖測定器の管理・指導
慢性腎不全: 定期的なエリスロポエチン注射
骨粗鬆症: 定期的な注射剤使用可能
パーキンソン病など: 内服や症状への対策
インフルエンザその他の予防接種 など

在宅医療でできる検査

●心電図
●超音波
●血液検査一般
●インフルエンザ検査  など
※レントゲン(医師会医療センターに依頼し、在宅にて実施可能)

平均的な診療費用

対象
公費負担により
無料
高齢者
一般
負担割合
0割
1割
3割
3割
月額負担額(平均)
0円
約8,000円
約24,000円
約24,000円
高額療養費制度による
自己負担限度額(上限)※
0円
12,000円
44,400円
80,100円+超過1%

1) 標準負担額は月2回訪問および緊急体制に対する1ヶ月あたりの負担金額です。

高齢者の場合医療費負担の上限(1割負担の方は12,000円、3割負担の方で44,400円)が決まっていますので、このほか検査や複数回の往診やいろいろな治療をうけたとしても、一ヶ月あたりの診療費の自己負担は、概ね1割負担の方で6,000円~12,000円程度、3割負担の方の場合、18,000円~44,400円程度となるとお考えいただければと思います。
◆ 在宅医療に必要な物品(点滴用機材など)は、上記月額負担額に含まれています。
◆ 訪問診療のための交通費はいただいておりません。
◆ 介護保険 居宅療養管理指導料として別に月額約500円の負担がかかります。
◆ 薬代は、通院、入院時と同じ金額だけ薬局へ支払うことになります。